Stephanie Quirkヨガセラピートレーニング準備コース

ヨガセラピーのスペシャリストであるStephanie Quirk先生による3年間のヨガセラピートレーニングコースを、2018年1月より日本で開催する運びとなりましたのでお知らせいたします。

Stephanie先生は、2016年まで20年以上の長きに渡りプーナに住み続け、グルジー、ギータジー、プラシャントジーから直接指導を受けてこられました。グルジーの側で、グルジーから最も多くのことを忠実に学んでこられたお一人です。RIMYIのメディカルクラスでもグルジー、ギータジーのアシスタントとして絶大な信頼を受けておられました。

Stephanie先生のトレーニングコースは、ヨガセラピーの基礎からきちんと積み上げていく大変システマティックな内容で、指導員のみならずティーチャートレーニング受講中の生徒も学べるようになっています。日本で初めての開催となる体系的なヨガセラピーのトレーニングコースです。

 ヨガセラピートレーニングコースでは、一般の生徒が通う通常クラスの中で起こりがちな問題や状況について、どのように生徒をサポート・アシストするかを学びます。指導員のよく修練されたアサナを基にし、続いてそれらのアサナが生徒をサポートするためどのような形に変わり、リンクされていくかを見ていきます。このため指導員がアサナを徹底的に学び、各アサナをアレンジし適応することによって生まれる重力、バランス、空間、動き、および安定の基本的な変化と、アサナのトーン、強さ、形の中で経験される感覚を認識することに重点が置かれます。

主題には、通常のクラスで多くの生徒が直面している共通の困難・障害に関するものが取り上げられ、その解決方法を学んでいきます。同様の問題を抱える生徒にどのように対応するかわからず悩んでいる指導員にとっては相応しく、非常に役に立つ内容となっています。

*yoga-kobe.jpに詳細掲載中です。

ホースが届きました!  Tさんが作ってくださいました。どうやって使うか、、ぼちぼちアップしますね。

Tさん、ありがとうございました😊

 

床貼り作業

このように、ひとつずつ床をあげていきます。断熱材を入れるだけでなく、空気の層をつくることが大切だそうです。地味〜な作業が続いてます。

これは数日前の状態。先は長い。

ここまで来ました!あと一息!!

工事開始

いよいよ、今日から工事開始です。
怪我や事故のありませんように!

いま、こんな感じ。

下がコンクリートで冷たいので、
全ての床を7.5センチあげて、
断熱材をいれることになりました。
当分はこの工事が続くそうです。

122平米ということですので、
なかなかの量の床材、あら、写真が、、
どうやって縦向きにするんだ?

次の工程までしばらくお待ちください

ティーチャートレーニング

4月より、ティーチャートレーニングを開始します。
初回は4月30日(日)で、メンバーが決定次第、
先の日程も決めていきます。

毎月1回日曜開催で、2年以上かかりますが、
アイアンガーヨガの認定指導員になりたいという熱い気持ちの皆さんと、
私も一緒に頑張ってまいります。